一般的な船舶免許として海の普通免許と称されているのが二級小型船舶操縦士免許です。

船の運転に必要な免許

船舶の操縦席

 

中古艇を買う際は、運転に必要な免許を取得しないといけません。
大きさに応じて必要な免許の種類が異なるので事前に確認をしておきましょう。
船の運転に必要な免許と取得する難易度・費用・期間をまとめました。

 

 

船舶免許の種類

船の運転に必要な操縦免許は以下の4種類があります。

 

一級小型船舶操縦士
操縦可能区域 小型船舶が沿海区域の外側80海里(約150キロメートル)未満
ボートの大きさ 総トン数20トン未満プレジャーボートは24m未満
取得可能年齢 18歳以上
費用相場 10~15万円
期間 2~4日(免除なしは原則4日以上)

 

二級小型船舶操縦士
操縦可能区域 平水区域および海岸から5海里(約9km)以内
ボートの大きさ 総トン数20トン未満プレジャーボートは24m未満、水上オートバイ不可
取得可能年齢 16歳以上(18歳未満は5トン未満限定、年齢に達したら自動解除)
費用相場 9~12万円
期間 1~3日(免除なしは原則2日以上)

 

二級小型船舶免許操縦士(湖川小出力限定)
操縦可能区域 湖・川および指定区域
ボートの大きさ 総トン数5トン未満(出力15kW≒20馬力未満)、水上オートバイ不可
取得可能年齢 16歳以上
費用相場 5~7万円
期間 2日

 

特殊小型船舶操縦士
操縦可能区域 制限なし
ボートの大きさ 水上オートバイ
取得可能年齢 16歳以上
費用相場 5~7万円
期間 1~2日

 

一般的な海に出れる中古艇を買う場合は二級小型船舶以上が必要です。
一級と二級で難易度にも違いがあるので、購入する中古艇が二級で対応できるのであれば無理に一級を取得する必要はありません。

 

 

一発で取ることも可能

学科試験のための勉強のイメージ

 

上述で紹介した各免許の費用相場は教習所に通った場合のものです。
小型船舶免許は教習所を利用せずに一発で試験を受けて取得することも可能です。
試験内容は学科と実技があり、学科だけ自力で受けて実技は教習を受けてから試験を受ける方法もあります。

 

試験の難易度についてですが、2級の学科試験は独学でも簡単に合格を目指せます。
書店で参考書を買って、1日2時間を1~2週間ほど勉強すれば合格できる難易度です。
費用を節約して2級取得を目指すのであれば、最低でも学科だけは一発試験を受けるとよいでしょう。

 

1級になると海図の問題が入ってくるので、学科の難易度が一気に上がります。
まずは参考書を買ってみるのも悪くないですが、独学で理解できなそうだったら教習所に通って講義を受けてください。

 

実技に関しては実際に操縦しないといけません。
要領を掴めば難しくないですが完全な未経験では困難です。
船を所有している知り合いがいれば、事情を話して練習させてもらえば学科・実技ともに一発試験を受けることをおすすめします。

 

操縦練習をできるコネクションがないのであれば、実技講習だけでも受けましょう。
練習や要領を教えてくれる人がいるのであれば、1級でも実技の一発試験に挑戦する価値ありです。

TOPへ